B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

実現したいB型肝炎の給付金受給

過去に受けた集団予防接種によってB型肝炎に感染したのであれば、ぜひ給付金を受給したいですね。

実際に医療を受けたりするのにもお金がかかります。

B型肝炎に感染しているかどうかという事は検査をすると簡単に知る事ができますが、集団予防接種の時に感染したという証拠がないと給付金受給が難しくなる事が考えられます。母子手帳があれば証拠となる事もある様ですが、なかなか保管している人も少ないかと思います。

でも、そんな時にも勝手に諦めてしまわないで、弁護士に肝炎訴訟について相談してみる事で、調査をしてもらい証拠となる資料を得る事ができれば、無事にB型肝炎の給付金受給を実現する事ができるかと思います。

B型肝炎に罹患する原因と治し方

B型肝炎になる原因は、ヘパドナウイルス科のオルソヘパドナウイルスに血液経由で感染するためです。感染をすると、およそ3割の患者が急性肝炎になり、黄だんや発熱、倦怠感の症状があらわれます。そのなかでもおよそ2パーセントの人が急速に肝炎が進行することで、劇症肝炎になることがあります。

治し方は、急性肝炎の場合は肝臓を保護する治療をします。安静にし、点滴や肝臓を保護するための薬を飲みます。劇症肝炎の場合には肝臓を移植することもあります。慢性肝炎の場合には、インターフェロンとB型肝炎ウイルスDNDに対する薬を服用しますが、ウイルスを完全になくすことはできません。

B型肝炎訴訟について詳しくはB型肝炎給付金請求ナビ。

肝炎訴訟の簡易な裁判で給付金がもらえます。B型肝炎訴訟での給付金は1000件以上の実績があります。

B型肝炎訴訟の和解手続きには時効がありますので、お早目に弁護士に相談することをお勧めします。

ページトップへ戻る