B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

実現したいB型肝炎の給付金受給

過去に受けた集団予防接種によってB型肝炎に感染したのであれば、ぜひ給付金を受給したいですね。

実際に医療を受けたりするのにもお金がかかります。

B型肝炎に感染しているかどうかという事は検査をすると簡単に知る事ができますが、集団予防接種の時に感染したという証拠がないと給付金受給が難しくなる事が考えられます。母子手帳があれば証拠となる事もある様ですが、なかなか保管している人も少ないかと思います。

でも、そんな時にも勝手に諦めてしまわないで、弁護士に肝炎訴訟について相談してみる事で、調査をしてもらい証拠となる資料を得る事ができれば、無事にB型肝炎の給付金受給を実現する事ができるかと思います。

B型肝炎給付金の受け取りについて

たとえB型肝炎給付金を受け取る事ができる人であったとしても、すぐに受け取りが実現する分けではありません。B型肝炎給付金を受け取るためには、訴訟をする必要があり、その事を把握しておく必要があります。

また、B型肝炎給付金の受け取りまでに、証拠として提示できる書類などを収集する作業に長い時間を要する事もある様です。かなり時間をさかのぼる事になりますので、紛失したり、捨ててしまっている人もいます。

それでもB型肝炎給付金が可能な場合もある様ですので、証拠がない場合であっても、専門家に話をしてみるといいでしょう。B型肝炎給付金の際に用意すべき書類については、専門家に聞く事ができます。

早く着手したいB型肝炎訴訟

日常の忙しさに追われている人であれば、ついB型肝炎訴訟を後回しにしてしまう事もあるかと思われます。しかし、可能であればできるだけB型肝炎訴訟の着手は早期に行う方が好ましいと思われます。

というのも、同じ人がB型肝炎訴訟を行った場合、感染してからどの程度の時間が過ぎているのかという事で、支給金額が異なる場合があり、20年を目安として、超えてしまっている場合には給付金はかなり低くなってしまう事もある様ですが、その期間は延長される事になりました。

B型肝炎訴訟をするには書類を集めたりする必要があるのですが、すべて一人で行うのはとても大変だと思われますので、弁護士にB型肝炎訴訟の代理人となって対応してもらうといいでしょう。

B型肝炎に罹患する原因と治し方

B型肝炎になる原因は、ヘパドナウイルス科のオルソヘパドナウイルスに血液経由で感染するためです。感染をすると、およそ3割の患者が急性肝炎になり、黄だんや発熱、倦怠感の症状があらわれます。そのなかでもおよそ2パーセントの人が急速に肝炎が進行することで、劇症肝炎になることがあります。

治し方は、急性肝炎の場合は肝臓を保護する治療をします。安静にし、点滴や肝臓を保護するための薬を飲みます。劇症肝炎の場合には肝臓を移植することもあります。慢性肝炎の場合には、インターフェロンとB型肝炎ウイルスDNDに対する薬を服用しますが、ウイルスを完全になくすことはできません。

B型肝炎訴訟について詳しくはB型肝炎給付金請求ナビ。

肝炎訴訟の簡易な裁判で給付金がもらえます。B型肝炎訴訟での給付金は1000件以上の実績があります。

B型肝炎訴訟の和解手続きには時効がありますので、お早目に弁護士に相談することをお勧めします。

B型肝炎訴訟は予防接種が感染原因

B型肝炎に感染している人は全国で推定150万人いると言われています。その中で肝硬変など重篤な病気に発展してしまう人と、自然治癒してしまう人がいます。また、150万人のうち、集団予防接種における注射器の使いまわしが感染原因の患者は約40万人いるとされています。

注射器の使いまわしによるB型肝炎への感染に対して国は責任を認め、和解金を支払うことが決定されています。その際には、まずB型肝炎訴訟を国に対して行う必要があり、多少手間がかかります。

しかし、通常法律事務所などを通してB型肝炎訴訟を起こすので、指示通りに行えば特に問題はないでしょう。

B型肝炎訴訟ですぐ和解となる対象者

B型肝炎訴訟は、誰でも起こせますが、国が原則和解に応じる方針をとっている対象者は、限られています。

満7歳になるまで集団予防接種を受けた本人であるか、または満7歳になるまで集団予防接種を受けたことでB型肝炎にかかった母親から生まれた子供であれば、対象者となります。

その場合は、そのことを証明できる書類をそろえてB型肝炎訴訟をすれば、裁判所で書類確認を経たのち、国は和解に応じるという流れになっています。

他の原因でも、B型肝炎にかかることはあります。その場合、国の過失を問う場合は、和解となるのは現状では難しいので、裁判が長引くこともあり得ます。

B型肝炎給付金は誰が対象になるのか

B型肝炎給付金が対象になるのは、7才になるまでに、集団予防接種を受けた方が対象です。昭和23年7月1日から、昭和63年1月27日までの期間に受診した方です。この期間に予防接種を受けた場合、注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに感染させられた可能性があります。

感染者から、母子感染した方も、病態に応じ50万円から3600万円が受け取れます。給付の対象となるかどうかは、裁判所で救済要件に合致するのか、証拠に基づき判断していくことになりますので、該当者は弁護士などに相談し、法的手続きを行う必要があります。

問題なく受け取れるB型肝炎給付金

集団予防接種での注射器の使い回しによって、B型肝炎ウィルスに感染した方や家族へ支払われる国からの損害賠償金は、B型肝炎給付金と呼ばれています。過去の問題ではあるものの、母子感染した方も給付対象に含まれているため、B型肝炎ウィルスに感染していることなどの条件を証明する必要があります。

本来もらえるはずの金額から目減りさせないためにも、早いうちに手続きへ踏み切ることが大切です。また、訴訟を起こす必要があり、経済的な負担は最小限ながらも、正しい手順での手続きを進めることが大切です。専門家などのサポートを受けることも解決策のひとつでしょう。

B型肝炎訴訟に困らないためには

全ての国民や住民が昭和23年以降、予防接種法等に関連する法律に基づいて、幼少期での集団予防接種を受けさせられてきました。注射器の連続使用が行われ、多くの方がB型肝炎ウイルスに感染させられたという経緯から、全国で国の法的責任に基づく損害賠償等を求められた裁判は、B型肝炎訴訟と言い表されています。

B型肝炎ウィルスに持続感染していること、また他に感染原因がないことなどの条件項目を満たせば、弁護団への相談によって個別の相談に対応されています。提訴条件や裁判費用の詳細なども聞くことができるため、問題を抱える方にとっての解決策となるでしょう。

ページトップへ戻る