B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

気になるB型肝炎に関する訴訟費用

裁判というのは、負けた人が訴訟費用を負担する事になります。近頃では、B型肝炎の問題において訴訟をする人も増えつつあります。

B型肝炎では認められると、国から給付金の支給という形で救済される事になりますが、その前に訴訟が必要になってきますので、訴訟費用やもろもろの費用が気になっている人も多いでしょう。

B型肝炎の問題においては、B型肝炎訴訟費用の他に弁護士費用が必要になってきます。しかし、一部を国が補助してくれるので、安心して弁護士をつけた状態で裁判を行う事ができるのではないでしょうか。

自分で行う事もできるそうですが、書類の準備や複雑な手続きについては弁護士がいてくれると簡単にできるでしょう。

B型肝炎ウィルスの増殖と訴訟費用

B型感染にはウィルスを保持している患者との接触で起こる一過性感染と、B型肝炎に感染している母親から生まれたことで感染してしまう持続感染があります。一過性感染は症状があらわれても体内に免疫力が付くので、症状がおさまってウィルスが排出されると、その後B型肝炎に感染する危険はなくなります。

しかし持続感染になるとウィルスが体内にそのまま残ってしまうので、慢性肝炎となる可能性があります。慢性肝炎の治療はウィルスの増殖を抑えることが目的であり、症状の悪化からくる肝硬変や肝臓がんなどを防ぐ役割もあります。もしB型肝炎訴訟の給付条件を満たしている場合には、弁護士の無料相談を利用してみましょう。具体的な訴訟費用なども分かりやすく説明してくれます。

着手金不要でB型肝炎訴訟の相談

場合によってはB型肝炎訴訟の相談をしたいけれど、すぐに費用を用意する事が厳しいという人もいるでしょう。B型肝炎訴訟の相談を弁護士に持ち掛けると、まず着手金が必要になるという事が予想されます。

しかし、弁護士によってはB型肝炎訴訟の相談をする際の着手金はゼロ円と設定している事もある様です。この様にB型肝炎訴訟について相談しやすい環境が整えられているというのは、利用者にとってはありがたいと感じる事もあるでしょう。

たくさんの弁護士がいますが、B型肝炎訴訟において支払うべき費用について事前に知っておくと、急な支払いによって戸惑う事もないかと思われます。報酬以外に必要な費用を確認しましょう。

肝炎訴訟で明らかになった人為的な証拠

マスコミなどで非常に多く取り上げられている肝炎訴訟において、感染が拡大した人為的な証拠が数多く判明しています。その一つが注射器です。これが何を意味するかというと、昭和23年から昭和63年当時の病院内での慣習において、一つの注射器を何十人もの人間の間で使い回すという事例がありました。

これはもちろん絶対にやってはいけないことであり、肝炎訴訟でもそのことが議論の焦点となりました。

その結果、その40年間の間に集団予防接種などによって病院内で肝炎に感染した人々に対して、厚生労働省から肝炎給付金が支給されるようになりました。

B型肝炎訴訟の相談について

B型肝炎訴訟に関する相談をしたい時には、プロフェッショナルの法律家が揃っている事務所を見つけることが大事です。

最近では、B型肝炎訴訟についてリーズナブルな相談料が設定されている法律事務所が増えてきており、少しでも知りたいことがある場合には、短期間のうちに依頼先を決めることが欠かせないテーマとして挙げられます。

また、B型肝炎訴訟の取り組み方について迷っていることがあれば、まずは経験者の人々のレビューに目を向けることはもちろん、成功者の意見を参考にすることによって、将来的なトラブルを回避することができるといわれています。

B型肝炎訴訟における死亡時の給付金

昭和23年から昭和63年の期間に、幼児の予防接種で注射器の連続使用が原因で、B型肝炎ウィルス感染患者が多数発生しました。

B型肝炎訴訟はその人たちが国に対して、給付金を申請するための手続きになります。流れとしては、国に対して訴訟提起、裁判所で和解協議、和解成立、給付金支払いといった流れになります。

B型肝炎訴訟による支払額は、その人の病態に応じて支払われます。20年の除斥期間が経過した無症候性キャリアの50万円から、死亡の場合は3600万円までとなっています。ただし、死亡でも20年の除斥期間が経過している場合は900万円となります。

詳しく知りたいB型肝炎訴訟

1941年7月から、1988年1月の間に生まれた国民には、過去に実施された集団予防接種において、注射器の連続使用が原因のB型肝炎ウィルスに感染させられている可能性があります。被害者の方々が国の法的責任に基づいた損害賠償を求める裁判を、一般的にB型肝炎訴訟と呼んでいます。

将来の発症の不安や、慢性肝炎などの病気に苦しんできた方にとっての救済処置でもあり、2008年より全国で被害者や弁護士らが集団となり、提訴されて戦かわれてきました。全ての肝炎患者の方が不安なく過ごせるようにと、強い絆や力が結集されて今日に至ります。

B型肝炎訴訟を希望する時には

幼少期に集団予防接種を強制させられてきたこと、さらに注射器が連続使用されていたことによって、多くの方がB型肝炎ウイルスに感染させられてきました。全国にいる被害者の方々が原告団となり、弁護士が在籍する弁護団の支援のもとで、国の法的な責任に基づいた損害賠償を請求する裁判がおこなわれてきた経緯が、B型肝炎訴訟として残されています。

B型肝炎ウィルスに持続的に感染している、集団予防接種の受診経験があるといった条件に該当している方々なら、B型肝炎の給付金を受け取ることができるのです。個別の相談に対応されているため、弁護団への相談が提訴条件や裁判費用への知識へと繋がります。

B型肝炎訴訟はなぜ裁判の形をとるのか

B型肝炎訴訟は、幼いころに集団で受けた予防接種の注射器が交換されることなく、連続で使われたことによってB型肝炎に感染した人たちが起こす裁判です。国は感染の責任を認めて給付金を支払うとしていますが、本当に集団予防接種が原因でウイルスに感染したのか、裁判で審議するために訴訟という形をとっています。

以前は2017年1月12日までだった訴訟の期限も、法改正により2022年1月12日まで延長されることになりました。自力でB型肝炎訴訟をおこすこともできますが、弁護士に依頼すると文書の作成や出廷など煩雑な手続きを代わりにしてくれます。

B型肝炎の訴訟に関する記事

ページトップへ戻る