B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

弁護士によるB型肝炎訴訟での給付金の確定申告

弁護士に依頼してB型肝炎訴訟の提訴を行い、集団予防接種等の感染であることが認められると給付金が支給されます。金額は病気の状態によって異なり、死亡または重度の病態であると判断された場合は3,600万円、無症候性のキャリアでも600万円の給付金があります。

B型肝炎訴訟の給付金は確定申告する必要があるのでしょうか。この給付金は所得税法によると損害賠償にあたる見舞金として扱われるため、課税の対象にはなりません。故人に対するB型肝炎訴訟の給付金も同様で、相続税や所得税は発生しません。B型肝炎訴訟での給付金は非課税扱いになるため、確定申告は必要ありません。

請求期限が延長されたB型肝炎給付金

これまでにB型肝炎給付金を請求し受け取っている人は少ない様です。B型肝炎給付金の受け取りには期限があったのですが、それが延長される事になりました。従来のB型肝炎給付金の請求期間よりも5年延長される事になりました。

これからB型肝炎給付金を請求する手続きを行おうとしている人は、余裕を思って行う事ができるのではないかと思います。また、B型肝炎給付金の制度があるという事に気が付いていない人も多いかと思われます。

より多くの人がこの制度について知るという事は重要な事であると思われます。対象者である可能性があるという人は、そのままにしないで、詳しい事について知る様に努めましょう。

B型肝炎訴訟は個人でも起こせる

B型肝炎訴訟は、書類をそろえることさえできれば、その後の流れはほぼ決まっていて、和解となり、給付金が支払われることがほとんどであるため、個人でも起こせる訴訟です。

民事訴訟では、本人訴訟が可能ですが、相手側に弁護士が付いている場合、かなり不利となります。しかし、B型肝炎訴訟では、裁判所によって書類がチェックされ、認められればそれで和解となる流れであるため、本人訴訟をしても不利になるということは、あまりないと考えられます。

ただ、給付金の4%は弁護士費用として出ますので、B型肝炎訴訟の際は弁護士に依頼してみてはいかがでしょうか。

B型肝炎訴訟を知るために

昭和23年以降に、定められた法律により全ての国民や住民が幼少期に集団予防接種を強制されてきたことで、注射器の連続使用が行われてきました。B型肝炎ウイルスに感染させられた被害者の方や弁護士が集団となり、戦われてきた裁判はB型肝炎訴訟と呼ばれています。

全国で複数のB型肝炎訴訟の裁判が行われることによって、国と全国原告団、弁護団との間で、基本合意が成立しています。

B型肝炎ウィルスに感染した人や家族には、国からの損害賠償金が支払われる制度も整えられており、被害者の方にとって将来への不安、肝硬変などの病気に対する救済措置ともなっています。

B型肝炎訴訟への疑問を解決させるには

予防接種法などの法律に基づいて、かつて多くの国民が集団予防接種を幼少期に強制させられていました。そのような経緯から、注射器の使いまわしによるB型肝炎ウイルスの感染が発生しました。国の法的責任に基づいた損害賠償を被害者が請求した裁判は、B型肝炎訴訟と呼ばれています。全国的に、被害者や弁護士による原告団、弁護団が結成されており、国からの正式な謝罪を受けた上で基本合意が成立しています。

インターネットには様々なB型肝炎訴訟の情報が公開されていますが、全国に存在する弁護団によって、手続き業務が行われており、条件を満たすことによって定められた金額の損害賠償を受け取れます。

B型肝炎訴訟にて給付金を受け取る流れ

給付金はB型肝炎訴訟をおこなった後に請求できるのでしょうか?いざ自分が条件を満たしていると発覚した際も、どのように給付金を受け取ればいいのかわからないことが多く、不安になる人も多いかと思います。

まずは病院での診察を受け、医師に診断書を作成してもらう必要があります。今後この診断書が全てのカギになってきますので非常に重要な書類になってきます。次にその診断書を元に裁判にてB型肝炎訴訟を起こします。

ここで重要になってくるのが、B型肝炎訴訟において、自分で行うよりも、弁護士に依頼した方がスムーズということです。自分で全ての手続きを行うとなると膨大な労力と時間がかかってしまいますので、弁護士に依頼することをオススメします。

B型肝炎の訴訟に関する記事

ページトップへ戻る