B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

B型肝炎訴訟費用と血液感染について

B型肝炎訴訟費用というものは、どれだけ自分が媒体になって血液感染を起こしていたかということにも影響してきます。やはり性交渉が淫らでB型肝炎を起こしやすい環境にいれば、それだけ裁判で不利になります。

「うつされた」「被害者だ」というチープな感情論が以外にも裁判で効いたことがあります。そうした感情論を少しでもいいものにしておくためには、まずは日頃からコンドームなどの避妊具をつけておくころです。

生理などの時の血液や、医療行為などで触る血液などは、そうした形で受け継がれていきます。それを少しでも止める必要があるのです。

B型肝炎訴訟における重度の肝硬変の給付金

かつて集団予防接種において注射器を使いまわししていたためにB型肝炎に感染してしまった人が推定で最大で40万人以上いると言われています。国は責任を認め、病態に応じて50万~3600万円の給付金を支給することになっています。

ただ、給付金を受け取るためにはB型肝炎訴訟を行う必要があり、そのB型肝炎訴訟の結果、和解金として給付金を受け取るという形になります。

最高額の3600万円が支給される場合というのは、B型肝炎が原因で死亡あるいは肝がん、重度の肝硬変になった場合です。軽度の肝硬変の場合は2500万円が給付されます。

B型肝炎訴訟のための提出書類について

国から訴訟の給付金を受けたい思った時必要な提出書類は色々あり集団予防接種から感染した場合のB型肝炎訴訟の提出書類について説明します。

B型感染ウイルスに6ヶ月以上感染していることを示す血液検査をしなければいけません。満7歳なるまでに集団予防接種等を受けていることを証明できるものが必要で、母子手帳がそれです。

母子感染でないことを証明するために、お母さんの血液検査を受けなければいけません。他界していた時は年上の兄弟の血液検査を頼ま無ければいけません。集団予防接種以外に感染原因が無いこと示す、医療カルテ等が必要です。

お父さんからの感染者で無いことを示す書類も提出しなければいけません。自分のB型肝炎ウイルスがAeでは無いことを証明する検査結果しなければいけません。以上のような物そろえてB型肝炎訴訟をしましょう。

B型肝炎訴訟を起こせる人の条件

B型肝炎訴訟は、かかっている人全ての人が訴訟を起こすことができるというものではなく、ある一定の条件が定められています。その条件というのが①集団感染にかかったことのある人②母子感染した人です。

①の集団感染にかかった人の中でも1941年の7月から1988年の1月までに予防接種を受けた人で、かつ現在発症している人に限定されます。また他に感染するような病気をもっていると受けるのが難しい場合もあります。また②は自分の母親が①の集団感染の条件を満たしている人が受けることができます。かつ自分もB型肝炎に感染している人に限定されます。

B型肝炎訴訟の背景は

幼少期に受けた集団予防接種の際に、注射器を連続使用して使いまわしたことによって、B型肺炎ウイルスに持続感染したとされる人達が国を相手取り、損害賠償を求めて集団訴訟を起こしました。この訴訟を、B型肝炎訴訟といいます。

裁判所の仲介の下で、B型肝炎訴訟の和解協議を進め、平成23年に国と原告側で、基本合意書および基本合意書の運用について定めた覚書を締結しました。この覚書を締結したことにより、いろいろな方が補償を受けられるようになりました。

現在では、40万人が対象とされています。昭和63年までに、予防接種を受けたことがある人は、B型肝炎訴訟を行える対象となります。

B型肝炎訴訟で知っておきたいこと

B型肝炎訴訟は、B型肝炎給付金を受け取るための手続きとして、経なければならないプロセスの一つです。昭和16年7月2日から昭和63年1月27日に生まれた人が対象になります。対象者に属する期間が長いので、自分が対象になっていても気付いていないことがあります。

B型肝炎ウィルスに感染したら、献血で判明したり、家族がB型肝炎、肝臓がんなどになるケースもあります。些細なことでも疑問があれば、B型肝炎問題に精通した弁護士に相談するのがいいでしょう。

相談料、着手金0円の事務所もあります。請求手続きを弁護士に依頼すると、弁護士費用はかかりますが、国からも補助がありますので、負担は減ります。

B型肝炎の訴訟に関する記事

ページトップへ戻る