B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

B型肝炎の原因は体液の交換

B型肝炎の原因は体液の交換です。B型肝炎は、日常生活では滅多に完成しない病気です。しかし、注射器の使い回しや、性交などの原因によって体液が交換されると、B型肝炎になるリスクは一気に高まります。

B型肝炎感染者の体液には、やはり感染源となるものが入っています。日常生活でも滅多にありませんが、風呂などの時に感染者が怪我などをしていると、やはりそこでも交換となってしまい、リスクの原因にもなります。

エイズと同じように、日常生活を送っている間は気にしなくてもいい病気なのですが、気をつけなければいけないところはあるのです。

母子感染もB型肝炎訴訟の対象です

集団予防接種の際の注射器の使い回しによるB型肝炎ウイルスの感染は有名な事です。B型肝炎訴訟とよばれ、訴訟を起こして注射器の使い回しによるウイルス感染を証明すると、国からの損害賠償金としてB型肝炎給付金が支払われる事になります。

注意してほしいのが、注射器の使い回しにより感染した母親から母子感染によりB型肝炎ウイルスに感染した人も、B型肝炎訴訟を行う事で給付金を受け取る事ができるという事です。

健康状態等により受け取る給付金の額には違いがありますが、対象となる方はきちんとB型肝炎訴訟を起こして給付金を受け取る事をお薦めします。

B型肝炎給付金の受給の相談は弁護士に

B型肝炎給付金とは、国がある時期予防接種の際の注射器の使いまわしを許していたことと、その時期相次いだB型肝炎の感染の因果関係を認めたことで、救済措置として支払われる給付金のことです。

そのためB型肝炎給付金を受けるためにはまず特定の時期に予防接種を受けたことを証明する書類や、それ以外の感染ルートがないことを始め各種の書類が必要となります。

またB型肝炎訴訟が前提となりますので、裁判所に足を運ぶ手間等を考え多くの場合弁護士に代行してもらうこととなります。この際の費用は給付金の4%は国に負担してもらえます。

多くの弁護士事務所がB型肝炎給付金の訴訟費用を8%としているため、個人の負担は4%となります。

B型肝炎給付金で支給される金額

B型肝炎給付金という言葉は聞いたことがあり、どういった人がもらえるものなのかも知っている人が気になるのが、一体どれくらい保障されているのかという点です。

B型肝炎給付金の金額は症状の重さによって異なってきます。まず万が一死亡してしまったり、寝たきりになってしまった場合には3600万円、肝硬変(軽度)の場合には2500万円、慢性B型肝炎は1200万円です。

また発症してから20年以上経過してしまった人でもB型肝炎給付金請求することはでき、死亡の場合には900万円、•肝硬変(軽度)の場合には600万円で、金額に大きな差が出てしまいます。

気になるB型肝炎給付金の存在について

集団予防接種で問題となった注射器の使い回しが原因となり、B型肝炎ウィルスに感染した方や、その家族を対象に、国からの損害賠償金が受けられる仕組みが存在しています。B型肝炎給付金と呼ばれており、感染の証拠などを揃え、さらに決められた訴訟手続きを完了させることによって、病状ごとに定められた金額を受け取ることが可能となっています。

B型肝炎の患者全員に給付金を支払う制度というわけではなく、予防接種等以外の感染原因がないことなどが条件に挙げられます。また、母子感染した方も対象に含まれるため、現在でも多くの方が問題を抱えています。

B型肝炎給付金で気を付けたい事

集団予防接種が行われてきた日本では、注射器の連続使用によるB型肝炎感染が大きな問題となってきました。国に責任があると認められたことから、感染者本人や家族などの対象者には、B型肝炎給付金が支払われるといった制度が設けられています。

B型肝炎給付金を受け取るには、裁判所での訴訟を起こす必要があり、正しい手順に沿った手続きを終えなければなりません。また、対象者として合致しているかどうか、現在はどのような症状を抱えているかといった内容によって、給付金の金額も異なります。弁護士への相談を行うなど、より的確に制度を受けられるよう工夫したいものです。

感染原因と給付金請求手続きに関する記事

ページトップへ戻る