B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

知りたい債務整理の方法

債務整理をする機会は少ないと思うので手順がわからないという人は多いのではないでしょうか。借金で困っている時にするのが債務整理ですが、いくつかの方法があります。

収入がある程度あり、借金の返済能力がある方は任意整理や特定調停などの債務整理が向いているでしょう。反対に、収入が無く支払い能力が無いという方は個人再生や自己破産などの債務整理が良いかもしれません。

環境や状況によって行える債務整理と行えない債務整理がありますので、弁護士や司法書士などの法律の専門家に借金問題について相談すると良いでしょう。

債務整理のための法律相談

借金をしている、という事に対しては、格好悪い、悪く思われるなど周囲の人の目を気にする人もいます。

更に、無事に返済できればいいですが、そうではない場合、特に法律をフルに活用しないとどうもできない、という場合にはなおさら、周囲の人に悪く思われたくない、という気持ちを抱く人もいます。

むしろ、まじめな人ほどその様に思う事もある様です。

しかし、プライドや恥ずかしさなどの気持ちは捨てて、着実に解決する事のみを考えたいですね。債務整理を行うのがいいでしょう。

解決が遅れてしまうと、自己破産以外の方法が選択できなくなってしまう、などという事も考えられます。債務整理のための法律相談を受けましょう。

多額に膨らんだ借金の相談は大阪のことなら大阪弁護士会所属弁護士法人みお。大阪、京都に事務所。

仕事帰りにも便利なアクセスの良いJR大阪駅直結の法律事務所です。

借金の減額ができるのが任意整理です

借金問題に悩む場合の一番の原因は、その返済が大変なことと利息が高いことです。毎月返済をしていても、その返済額の半分以上は利息分になり元金が中々減らないことです。

返済の問題となる利息などを、交渉することで減額することを任意整理といいます。

こちらの任意整理は、法的に認められた借金問題に悩む人のためのものです。

この交渉には、弁護士や司法書士が行います。任意整理の希望も依頼者が希望することができます。そのために、住宅ローンなどはそのままで整理したい借金だけの交渉をしてもらえます。そのことにより、利息や元金の減額ができます。

多重債務を抱えている人の債務整理の費用

多重債務を抱えている人が債務整理をするときの費用は、借入件数によって異なります。債務整理のうち最もよく利用されている任意整理にかかる弁護士費用は、1社につき2万円~4万円になるようです。

これに加えて、減額報酬もつきます。着手金が1社につき4万円である場合には、かなり大きいので、なるべく借金を整理してから弁護士に依頼をするべきでしょう。

例えば、限度額50万円のうち40万円を借りていて、それが4件あるなら、残り10万円をなんとかすれば3社から50万円を借りている状態にでき、4万円を節約できることになります。多重債務の人は、なるべく借入件数を減らす努力をしておきましょう。

債務整理のメリットについて

債務整理をすることによって得られるメリットはどんなものなのでしょうか。まず、借金をこれ以上返済しなくて済むようになります。債務の返済ができない人にとっては、とても助かる制度なのです。

また、方法によっては払いすぎたお金が戻ってくる可能性があります。法律が変わり、金利に変更が適用されているからです。弁護士や司法書士であれば、あなたの債務整理に協力してくれます。自分で債務整理をしようとするのではなく、必ず専門家に相談してください。そうすれば、最善の策が見つかります。お金の負担を考えなくていい生活となります。

債務整理とマイナンバーとの関係とは?

債務整理とマイナンバーとの関係性については、実に多くのメディアで取り上げられることがありますが、常日ごろから税務上の対策を立てることが重要な事柄として挙げられます。

最近では、債務整理の手続きを始めるために、税理士や公認会計士などのスペシャリストに相談を依頼する人が増えてきており、様々なケースに対応をするうえで、絶好のチャンスとなりつつあります。また、マイナンバーの管理の仕方について迷っていることがある場合には、まずは各地の優秀なスタッフがそろっている事務所にアドバイスを求めることがとても効果的です。

旦那の債務整理をしたら家族に影響はでる?

旦那が債務整理をすると家族にも影響がある場合があります。クレジットカードの審査を受ける際には信用情報登録機関に信用情報を紹介しますが、そこには支払いに関する情報以外にも住所などが記載されています。

家族であれば同じ住所で苗字も同じであるため、債務整理をした本人と同一世帯とクレジットカード会社はみなします。そのため旦那が債務整理をした場合には身内がクレジットカードを発行してもらうのは難しくなります。それでも新しいクレジットカードを発行してもらうには、引越しなどをして住所変更をするなどしないといけません。

多重債務と債務整理について

多重債務とは一つの会社からだけではなく、様々な会社からお金を借りていて、毎月何社へも借金を返済しなければならない状況のことを言います。またそんな状況を打開できる方法として債務整理という手段があります。

こちらは東京をはじめとする関東近郊だけでなく、大阪など関西圏でも行われている借金返済の手段の一つで、自己破産と異なり行ったことによって起きる制限が少なくて済みます。また法律事務所、司法事務所と契約をするので自分から言わない限り周りの人に知られるようなこともありません。誰にもばれずに返済したいという方にピッタリです。

債務整理すれば多重債務から脱却できる

多重債務に陥り、生活すらままならなくなった場合は債務整理という方法があります。これは法的に借金を見直し、無理のない返済へと変えるものです。司法書士や弁護士に相談することでおこなわれ、大阪など至る所にこういった問題を得意とする弁護士などがいます。

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産などがあります。任意整理は示談のようなもので、交渉により借金や利息の減額をはかります。民事再生は裁判所から借金を減額してもらえ、自己破産も同じく裁判所を介します。こちらは減額でなく帳消しになります。それぞれ借金苦に陥った人を救済する制度ですが、一長一短あり人によりどれが適応されるかが違うのでまずは相談しましょう。

自己破産に関する記事

ページトップへ戻る