B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

自己破産をした後は弁護士への支払い

借金が帳消しになって、とりあえず満足できる状況になったのはいいところです。しかし弁護士に対して、費用の支払いが待っていることを忘れないでください。報酬という形で、弁護士はお金を受け取っているのですが、自己破産でも実施されていく方法です。

無料で実現しているなんて方針は取っていませんから、かなりの費用を払わないと実現しない方法であると思ってください。しかも分割払いに対応していないケースも出ているので、場合によっては一括で払わなければなりません。金銭負担が大きいようなら、お金の面で少し考えておきましょう。

自己破産と多重債務の関係について

自己破産するのは、多重債務に陥ってどうしても返せなくなった時の最後の手段です。最初に考えるのは任意整理です。任意整理は過払い請求といわれるものです。貸金業者にお金を借りた人が、すでに借金を返し終わって取引が終わった状態ならば、グレーゾーンで払いすぎたお金を取り戻すために、速やかに請求します。

個人で貸金業者と交渉するのは困難ですから、弁護士に相談する事がおすすめです。任意整理は、自己破産のように借りたお金が免責されるものではありません。無理なく借金を返していくやり方です。継続的に安定した収入がない人には向きません。

自己破産をすると多重債務が全て無くなります

日本には、多くの多重債務者が居ます。たくさんの金融機関から借り入れを行うことで、執拗以上の取り立てが行われ、精神的に参っている方も多くいます。そんな方の味方になってくれるのが、弁護士で債務整理などを行い、借金の減額や返済猶予などを求めてくれます。

しかしどうしても返済の目途を立てることが出来ない場合もありますので、その場合は裁判所に自己破産宣告をして、認められればすべての借金を無かったことにすることが出来ます。破産宣告をすることで、ローンを借りることが出来ない、財産を全て没収されるなど、一定の制限を受けることになりますが、人生をやり直すことが出来ます。

多重債務に関しての自己破産

さまざまなカード会社や消費者金融などの貸金業者から、借り入れている人のことを多重債務者と呼んでいます。多重債務の状態になってしまいますと、借金を返済することがむずかしいことがあげられるでしょう。

そのような状態になった場合には、債務整理をおこなう人が大半のようです。この債務整理に関しては法律で認められていて、いくつかの種類があります。弁護士や司法書士などの法律家と相談した上で決めていくことができます。なかでも自己破産は一番大きな手段となりますが、裁判所が申し立てを通せば借金全額を免責してもらえることができます。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

自己破産に関する記事

メニュー

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金手続き 債務整理 自己破産大阪 過払い請求 過払い大阪

ページトップへ戻る