B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

多重債務の場合は過払い請求の順番が大事

過払い請求を行っている場合に、順番を間違えてしまったことで大きな問題となる場合があります。特に大きな問題にならないように思っている場合でも、意外なところで問題が生じていることが多くなっているのです。

多重債務のケースでは、債務を作っている順番によって、請求する順番も変えていくこととなります。もし最初に借りているところを無視しているなら、時効を迎える可能性があります。回収できないような状況を作ってしまっては駄目ですので、請求したいなら順番をしっかりと考えてください。ミスをすると回収不能な過払い金が出てしまいます。

過払い請求した業者は今後取引できない?多重債務者は要注意

借金に借金を重ね、返済に困っている多重債務者の方は、法律事務所に債務整理の相談をしましょう。任意整理による債務整理を行えば、月々の返済額を見直すことができます。また、債務者に返済能力なしとみなされれば、以後の利息を無効として、確実に返済できる環境を整えてもらえます。

もし借金に過払い金が含まれていたら、過払い請求によって借金を大幅に減額することができます。しかし、過払い請求を行なった金融業者からは、もう借り入れ出来なくなる可能性が極めて高いです。多重債務で複数社相手に請求を行う場合は、特に注意が必要です。二度と借金は作らないよう、心を入れ替えて請求に臨みましょう。

多重債務者が知っておくべき過払い請求と債務整理の違い

違法な利息を返金してもらうための過払い請求と、借金を減額・整理する債務整理は、ワンセットで行われることが多いです。しかし、両者には決定的な違いが存在しています。それは、債務整理を行うとブラックリストに載ってしまう、ということです。

また、返済中の借金に対して過払い請求を行なった場合も、その行為が債務整理とみなされ、ブラックリストに載ってしまいます。ただし、返還金で借金を完済できた場合は、ただちにブラックリストから名前が削除されます。請求先が多いほど、完済できずにブラックリストに掲載される可能性も高まりますので、多重債務者の方は注意しましょう。

多重債務で苦しむ方にこそ知ってほしい過払い請求

20パーセントを超えた利率の借金は違法です。グレーゾーン金利と呼ばれる、この違法な設定は、2010年以前の金融業界ではよく用いられていました。しかし、現在では完全に違法ですので、金融業者に過払い請求を行い、払いすぎた利息分を返金してもらうことが可能です。

ですが、業者側が自ら返金を行う事はありません。過払い金の知識がない方は払い損な状態になっています。特に過去、多重債務の経験がある方、あるいは返済が長期に及んでいる方は、借金に過払い金が潜んでいる可能性が極めて高いです。法律事務所に相談して過払い金の有無を調べてもらいましょう。

司法書士で借金相談・過払いに関する記事

メニュー

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金手続き 債務整理 自己破産大阪 過払い請求 過払い大阪

ページトップへ戻る