B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

過払い請求の内容は弁護士におまかせ

過払い請求で、どれくらいの回収が期待できるのかも含めて、弁護士に丸投げする方法もあります。知らない人が考えても、何も解決しないのはわかっているので、知っている人にすべてを考えてもらう方法が有効になります。弁護士の場合は、全ての内容を理解した上で、回収できる金額を設定します。

全てを回収しなくてもいいと思っているなら、同意しやすいのですぐに取り掛かってくれるでしょう。交渉してくれる方法なども含めて、無理をしないで終わらせることのできる方法ですので、過払い請求を行いたいなら任せてしまうのもいい方法です。

取引が分断している過払い請求は弁護士に相談しましょう

過払い金には時効期限が存在しています。債権者との取引終了から10年が経過すると、たとえ借金に過払い金が含まれていたとしても、過払い請求を行えなくなってしまいます。では、同じ債権者から2回借金をしていた場合はどうなるのでしょう?

1回目は完済から10年以上経過していて、2回目は完済から10年未満の場合、1回目の借金には過払い請求できないのでしょうか?普通に考えると請求できないのですが、前後の契約の関連性や、分断期間など、条件を満たしていれば両方とも請求できます。法廷で争われる内容となりますので、論争のプロである弁護士に相談すると良いでしょう。

法律家に依頼すれば秘密裏に多重債務の過払い請求ができる

複数の借金を抱える多重債務を、家族に秘密で返済している方は、意外と大勢いらっしゃるようです。このような方々は、法律の専門家に相談すると、家族に借金のことがばれるのではないかと心配しています。

ですが実際はむしろ逆で、借金の返済が長引けば長引くほど、債権者からの連絡によって家族に借金がばれる可能性が増えるのです。一刻も早く法律家に相談し、多重債務から抜け出すための一手を打つべきでしょう。家族に知られたくないことを伝えれば、秘密裏に手続きを行なってくれます。また、過払い請求をすることで借金額を大幅に減らせることができます。デメリットなどもまったくない方法なのです。

過払い請求と任意整理で多重債務の負担を軽くしましょう

複数の金融機関からのキャッシングで、多重債務に陥る若者が増えています。その理由の多くが、生活費の足しにするため、というものです。生活苦により借金したのであれば、これを完済するのは中々難しいでしょう。早いうちに法律事務所へ相談することをお勧めします。

近年はどの事務所でも過払い金の無料診断を行なっていますので、気軽に借金相談をすることができます。過払い金があるならば、過払い請求を行うことで借金の減額にもつながります。さらに任意整理も行えば、返済計画をスムーズに立て直せます。司法書士に相談すれば、依頼料も比較的安価で済ませられます。

司法書士で借金相談・過払いに関する記事

メニュー

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金手続き 債務整理 自己破産大阪 過払い請求 過払い大阪

ページトップへ戻る