B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

知りたい自己破産と債務整理の関係

これまでに何となく自己破産という言葉について聞いた事はあるが、詳しい内容は知らず、また債務整理についても詳しい事は分からないという事もあるかと思います。自己破産と債務整理の関係については、自己破産というのは債務整理の中に含まれます。

そして、自己破産の他にも債務整理として、個人再生や任意整理などが含まれています。そして、自己破産を含む債務整理を行う時には、自分だけでは手続きがややこしい事が多いので、多くの場合は弁護士などに代行してもらいます。

この様な基本となる事は簡単に調べる事ができると思いますので、これらの手続きをしないといけないかもしれないという人は、調べておきたいですね。

債務整理で多重債務のリスクを減らす

債務整理をすることで、多重債務のリスクを減らせます。いわゆる自転車操業と言われていますが、借金を返済するために借金を重ねていると、あっという間に多重債務者になってしまいます。

借金を返済できなくなったら、それ以上借りることをせず、弁護士や司法書士などに相談をして債務整理をしてしまいましょう。

債務整理をすると、ブラックリストにのってしまいますが、それ以上お金を借りられなくなるということは、メリットでもあります。およそ5年間ですが、借金をしない生活を送って、反省をするようにしましょう。金融機関に迷惑をかけてしまったということは、しっかりと反省すべきです。

自己破産は債務整理の最終手段

債務整理とは、借金の返済が困難になった際に取る手続きです。

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあり、債務者の状況に適した方法で整理します。中でも自己破産は債務整理の最終手段です。

自己破産は収入がない、借入金額が大きいなどどうしても返済できない場合に勧められています。デメリットの方が大きく取りざたされていますが、実際にはデメリットに勝るメリットがある債務整理方法です。

例えば一部の財産は処分されますが、生活用品などは残しておくことができるので今後の生活に支障をきたす可能性は少ないとされています。まずは弁護士に自己破産について相談して決めましょう。

司法書士が対応可能な自己破産の手続き

司法書士が対応可能な業務内容に関しては、各地の法律事務所の公式ホームページなどに分かりやすく掲載されることがあります。そこで、自己破産に関する様々な問題に取り組みたい場合には、経験豊富な司法書士にアドバイスをもらうことはもちろん、同年代の債務者の体験談に目を通しておくことがとてもおすすめです。

現在のところ、司法書士の活躍した事例について、大手の法律事務所において、度々アピールが行われることがあるため、短期間のうちに相談先を見つけることによって、誰しも将来的な不安を解消することができるようになります。

司法書士に聞く、家族にバレない自己破産の方法とは

自己破産を検討する際に、多くの人が心配する問題が家族にバレないかということです。余計な心配をかけたくないというのは当然ですし、債務整理については誤解している人が多いというのも事実ですから、なるべくなら内緒で行いたいと考える人が多いわけです。

このような場合には、専門家に相談するのが一番です。東京や大阪などの大都市を中心に、多くの司法書士事務所などで無料相談が行えますのでぜひ利用したいものです。司法書士さんなどに依頼した場合には、連絡や郵送物はすべて自宅ではなく事務所のほうに置くことになりますので、これらから家族に知られてしまうことはありません。

また、自己破産の場合には、裁判所を経由して申請しますので、その事実が官報に掲載されます。掲載されるのは氏名と住所となります。しかしながら、世の中で官報を見る人というのは、よほど特殊な職業な人に限られますので、他の人に知られることはほとんどありません。実際には、毎日非常に多くの方が自己破産や個人再生を行い官報に掲載されていますが、数が多いのはもちろんのこと文字も非常に小さいため、個人名を確認するなどほとんど不可能です。また、官報には債務整理以外の情報も膨大に掲載されていますので、個人名を見つけるというも目的をもって見ない限りは見つけることはできません。

所有している車と自己破産

車を持っている人もいるでしょう。そんな場合に自己破産をすると、自分で所有している車はどうなるのでしょうか。自己破産をする段階において、車のローンが残っているかどうかという事によっても扱いは違ってきます。

自己破産をする際にローンがあれば、利用できなくなってしまいます。しかし、問題は自己破産をする時点においてローンは支払い終えている場合です。中古として車を売った際に一定以上の金額となる事が判明した場合には、売却する事になります。自己破産の際の車については、この様に扱いが違ってきます。自分のケースにはどの様に対処しないといけないのかという事はしっかりと把握しておきましょう。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

自己破産に関する記事

ページトップへ戻る