B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

過払い金は法律の違いによって発生

過払い金は法律の違いによって発生しています。
借金やキャッシングなどを利用した場合に発生する場合があります。

これらのサービスを利用している人全員に過払い金が発生しているというわけではありません。

また、過払い金が発生していても、そのまま気付かずにいる人も少なくありません。しかし、過払い金は支払う必要のない金額ですので、できるだけ返済したいですね。

過払い金の返済は自分でもできますが、弁護士や司法書士にお願いする事も可能です。まずは、自分に過払い金は発生しているかどうか確認する事からはじめてみませんか。

過払い金の解決方法について

過払い金の問題をスムーズに解決したい場合には、大阪の優秀な弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることがとてもおすすめです。現在のところ、過払い請求の時期について興味を持っている人が増えてきており、いざという時に備えて、過払い金のリスクをじっくりとチェックすることが良いでしょう。

大手の法律事務所のサポートの内容に関しては、ネットユーザーの間で度々意見交換が行われることがあるため、まずは便利な情報を仕入れることが大事です。その他、過払い金のサービスの良しあしをじっくりと見極めることが課題として挙げられます。

司法書士は過払い請求や控訴審前の訴訟代理が可能

司法書士は不動産の権利部分の登記をする専門家ですが、事務所によっては、消費者金融などからの借入金が返済できなくて困っている人の相談に乗っており、過払い金請求を業務としている専門家もいます。

認定司法書士は、簡易裁判所の訴訟代理権があるので、訴額140万円以下の低額な訴訟であれば、弁護士のように訴訟代理人となることができます。ただし、控訴などが行われる場合には、訴訟代理をすることができないので注意は必要になります。

訴額140万円以下であり、控訴などに持ち込まれる可能性が低い時には司法書士に業務を依頼するほうが弁護士よりも敷居は低いでしょう。

過払い請求の面倒な手続きは弁護士がしてくれる?

ここ何年かの間でテレビのCMや電車の広告などで過払い請求という言葉を知ったという人は意外と多いでしょう。過払い請求は5年以上の借り入れ期間がある人や、完済後10年以内であれば払いすぎた利息を債権者から取り返すことができるというものです。

過払い請求は自分でも手続きを行うことはできますが、あまりお勧めはできません。必要な書類の作成や交渉力、また専門的な知識も必要ですし、何よりも相手もプロなので素人相手にまともに向き合ってはくれないからです。弁護士に依頼することでこれらの手続きは全てお任せすることができるので、本気で利息を取り戻すなら大阪か千葉の弁護士に依頼することをお勧めします。

過払い請求でお金を取り戻す方法は

過払い金を取り戻す方法に、クレジットカード会社や貸金業者と交渉をする必要があります。

取引のあるクレジットカード会社や賃金業者に、今まで全ての取引履歴を請求して、正しい金利でお金を借りていたか確認します。そして払いすぎた利息が、いくらあるのかを確認していきます。過払い金が発生していた会社に対し、過払い請求を行うことが出来ます。

過払い請求が認められれば、会社から利息が戻ってきます。手続き自体は弁護士にお願いをすれば、すべて代理で行ってくれます。弁護士事務所も相談、着手金は無料で成果報酬制を採用している弁護士事務所が多く価格もしっかりと把握することが出来ます。

過払い請求をするデメリット

過払い請求は既に借金を完済している人がする分にはメリットしかなく、デメリットはほとんどありません。しかし現在まだ支払いをしている人が過払い請をする場合にはいくつかデメリットがあることも知っておくと、後々慌てて気づくことも少なく、安心して手続きを進めていけるでしょう。

まず一つ目は支払い最中に行うとそれは「債務整理」にあたります。そのため信用情報に乗ります。二つ目は信用情報に乗ることによってクレジットカードの作成などが難しくなることです。しかし借金を返済している人が新たにクレジットカードを作ることはほとんどありませんので、大きなデメリットはないといえます。

司法書士で借金相談・過払いに関する記事

ページトップへ戻る