B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

B型肝炎訴訟の弁護士と医者選び

B型肝炎訴訟弁護士と医者選びはしっかりしなくてはいけません。

B型肝炎訴訟は大変なものです。そのため、弁護士も優秀な人を選ばなくてはいけないのはもちろんですが、医者もしっかりと選ばなくてはいけません。

B型肝炎訴訟において必要なのは診断書と弁護士だからです。自分にとっていい診断書を書いてくれる良い医者を選ぶ必要があります。

医療に関わっている人にとっては、診断書を書くのは日常業務です。そのため、告訴に沿った診断書を書いてくれない事もあるのです。診断書をきっちり書いてくれる医者と優秀な弁護士を選ぶことは、無事に給付金を受け取るために重要ですね。

B型肝炎訴訟の弁護士として開業

B型肝炎訴訟の弁護士として開業することは、理に適っています。何故ならば、B型肝炎訴訟というものは、注射器の使い回しなどで、今は数が減ったものの、それでも一定数の数がいるからです。

そうした専門の弁護士として開業すれば、B型肝炎訴訟にまつわる人が救われるだけでなく、弁護士として成功するためのきっかけにすることができます。B型肝炎訴訟専門で開業するということは、それだけ専門的な告訴に長けているということであり、それだけお客の信用を得ることもできます。また、相互が安心して仕事に取り掛かることもできるのです。

B型肝炎訴訟の背景について

なぜB型肝炎訴訟をすると給付金を受け取る事ができるのかという事についてですが、これには背景があります。今となっては使い捨てとなっていますので、心配はありませんが、一時期に予防接種において注射針の使いまわしがあり、それが原因でB型肝炎に感染した人もいます。

そして被害者が国を相手にB型肝炎訴訟を行い、結果として給付金を支給する事で和解となりました。それ以降B型肝炎訴訟を行って、集団予防接種もしくはツベルクリン反応検査において注射針の使いまわしが原因だと証明する事ができたケースに限って給付金が支払われる様になりました。B型肝炎訴訟は現在も行われています。また、弁護士の中には積極的にB型肝炎訴訟を扱う人もいます。

B型肝炎訴訟の調査は弁護士に相談

B型肝炎は昔集団予防接種のため多くの人がB型肝炎に感染している可能性があるそうです。これは昔は予防接種等の時、注射器を連続使用したことが原因であることが多いそうです。このような場合B型肝炎訴訟をすることで給付金が支給され、その額は最高で3600万円にもなります。

B型肝炎訴訟の条件はb型肝炎ウイルスに持続感染していることや万7歳になる前に集団予防接種を受けていること、それを証明できること等が主な条件です。

B型肝炎訴訟をするための調査には医学知識があり、それを得意分野としている弁護士に頼むのが一番安心です。

B型肝炎訴訟には提訴期限がある

B型肝炎訴訟には提訴期限がありますので、要注意です。期限は2022年(平成34年)の1月12日までとなります。

提訴期限内にB型肝炎訴訟するには、まず自分の症状がB型肝炎によるものなのかを調べる必要があります。健康診断の際に、肝炎検査がおこなわれていますので、積極的に検査を受けるようにしましょう。

B型肝炎訴訟の期限が過ぎたとしても、提訴はできますが、国は、もう期限が過ぎたとして給付に応じない姿勢をとるかもしれません。原則和解するという方針をとっている期限内に提訴したほうが、ずっと楽です。

国が和解に応じなくなっていれば、裁判が長期化する可能性もあります。

B型肝炎訴訟とはなにか

昭和23年以降、日本の国民のほとんどが幼い頃に集団予防接種を受診していました。このときの注射器の連続使用によって、およそ40数万人の国民がB型肝炎ウイルスに感染してしまいました。感染者の人たちは、慢性肝炎や肝硬変、肝がんに侵され、多くの方が亡くなっていきました。

これらの被害者が、国の法的責任を求めて裁判を起こしたのが、B型肝炎訴訟です。2010年には、国と被告の間で和解交渉が行われ、2011年には基本合意が成立しました。国側が非を認め、B型肝炎ウイルスに感染された方に、和解金を支払うことで決着しました。

気になるB型肝炎訴訟とは

予防接種法等の法律により、子どもの時に集団予防接種を受けさせられた過去の経緯から、たくさんの国民がB型肝炎ウイルスに感染してしまいました。将来発症するかもしれない不安や、慢性肝炎といった病気になってしまう被害者の方々が、法的な責任による損害賠償を請求する裁判は、B型肝炎訴訟と言います。

現在では、B型肝炎ウィルスに感染していることなどの条件を満たせば、国からの損害賠償金が支払われる仕組みも存在しています。母子感染した方も対象に含まれるため、多くの方が現在でも問題を抱えており、弁護団による相談業務や、詳しい裁判に関する手続き業務が行われています。

B型肝炎訴訟の詳細とは

かつて全ての国民は、予防接種法という法律によって、小さい頃に集団予防接種を強制させられました。その際に注射器の連続使用があったことで、B型肝炎ウイルスに40数万人もの国民が感染してしまった歴史があります。そこで、被害者となった方々が国の法的な責任に基づく損害賠償などを求めた裁判を、B型肝炎訴訟B型肝炎訴訟といいます。

昭和16年7月2日以降の生年月日であることなどの条件を満たせば、国と締結した基本合意や、さらに立法化したものでの提訴が可能で、内容と限界を深く理解するには困難が伴うものの、対象者にとって救済措置があるというのは、頼るべき存在でもあります。

B型肝炎訴訟は早く実施しよう

訴訟の期間は制限されていませんが、給付金を受け取りたいと思っている人が、遅くなってから受け取る形となるので、もっと早く受け取りたいと思っているなら早めに対応した方がいいです。

とにかくB型肝炎訴訟を早く行って、受け取れるタイミングを早めにしておきます。時間が早ければ早いほど、訴訟はすぐに解決されることになり、実際に給付金を受け取れるまでの時間を短縮できます。

この時間をしっかりと短くしなければ、どんどん厳しい状況になってしまいます。弁護士に相談して、早めにB型肝炎訴訟に対応してもらうことが大事です。早ければ早いほど有利になります。

B型肝炎の訴訟に関する記事

ページトップへ戻る