B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

国との間でB型肝炎訴訟

集団予防接種やツベルクリンの注射が原因でB型肝炎を発症した人については、国に責任があるとして、被害者を救済するために給付金を支払うという措置が取られました。

基本合意が成立してからは、該当しているB型肝炎の被害者も訴訟をする事で、同じ様に救済してもらう事ができる様になりました。

一定の期間については、B型肝炎訴訟が簡易な手続きで行う事ができる様になりました。簡易と言ってもやはり訴訟ですので、書類を用意したり、弁護士をつけたりする事が必要になったりする事もあるかと思います。

被害者となっている人で、まだ救済を受けていない人は、早めに問題に着手する事をおすすめします。

B型肝炎の給付金。除斥期間の経過とは

B型肝炎ウイルスは感染性ウイルスですが、感染者のうち10%程度が肝炎発症すると言われています。肝炎が発症すると慢性肝炎や肝硬変、肝細胞癌に進行しますが、その発症者の95%は自然治癒しますが、残り5%は慢性肝疾患になります。

日本では、過去の集団予防接種などによってB型肝炎ウイルスが蔓延しており、このことから裁判も起こされ現在では国から救済者を対象として給付金の支払いを行っています。この給付金の支払いに関しては、もっとも重度の場合には最高で3600万円を限度に支給されます。また重度ではないものの20年の除斥期間を経過して治癒または慢性肝炎の状態にある人は150万円から300万円が給付金として支払われます。

証拠を収集してB型肝炎訴訟へ

やはりB型肝炎訴訟となれば証拠書類が求められますので、何が必要になるのかという事について気になっている人が多い様です。B型肝炎訴訟は、医療機関でB型肝炎に感染しているという診断書が必要になってきます。

しかしB型肝炎訴訟においてはそれだけでは十分とは言えません。というのも本人や母親の予防接種である事を証明しないといけません。それが分かるのは何と言っても母子手帳であり、母子手帳があるとB型肝炎訴訟の証拠書類となります。

しかしながら、処分しているという人も多いと思われます。処分している場合であっても、弁護士にB型肝炎訴訟について相談する事で別の証拠書類の収集に努めてくれる事もあります。

B型肝炎訴訟の給付金について

厚生労働省が行なった集団予防接種で、注射器の使いまわしがあったためにB型肝炎に感染した可能性がある方に給付金を支払う制度です。

被害者が手続き上、国に対して訴訟を行なう形をとり、示談という形で給付金が支払われます。症状の程度により金額が決まります。

昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に集団予防接種を行なったことが、母子手帳などで証明できること、母子感染でないこと、など因果関係をはっきりさせる項目がたくさんあります。6か月以上の間隔をあけた2時点において検査し、持続感染していなければなりません。

B型肝炎給付金と政策の内容とは

B型肝炎給付金は、数ある政策の中でもとても重要なものとして位置付けられることがあり、定期的に必要書類の内容をしっかりとチェックすることがおすすめです。最新のB型肝炎給付金の動向については、ネット上でしばしばピックアップされるケースが増えてきており、いざという時のために、便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。

大手の法律事務所においては、こうした問題に関して専門的なスタッフのサポートの内容が充実しているため、将来的なトラブルを回避するうえで、まずは依頼先をきちんと決めることがとても効果的です。

B型肝炎訴訟に悩む前に

昭和23年以降、国民の多くが予防接種法等によって、子どもの頃に集団予防接種を受診することになっていました。注射器の連続的な使用が要因となったB型肝炎ウイルスの感染は、全国に広がっていきました。そして、被害者たちが国の法的責任に対して損害賠償等を請求した裁判を、B型肝炎訴訟と呼んでいます。

原告団と国、弁護団の間には基本合意が成立しています。B型肝炎ウィルスに持続的に感染している人、集団予防接種を受けた人、さらに感染原因が他に無いことなどの条件に該当することで、提訴が可能になります。提訴条件や裁判費用などの詳細は、弁護団への相談によって知ることができます。

B型肝炎訴訟に関する知識

全国B型肝炎訴訟という言葉は、テレビなどのメディアを通じて耳にすることもあるでしょう。昭和23年以降に義務付けられた予防接種法等などの法律によって、全ての国民や住民が幼少期に集団予防接種を経験してきました。

注射器の使いまわしが原因となり、多くの国民がB型肝炎ウイルスに感染してしまったことによって、国の法的な責任に基づいた損害賠償などを求めることです。提訴に関する問題が勃発するまで、国からの何の救済も受けられなかった方へ対して、将来の発症の不安、慢性肝炎や肝硬変の病気で苦しんでいる現状を受け、立ち上げられたものです。

B型肝炎訴訟への対策について

過去に行われてきた幼少期に集団予防接種の強制は、多くの方がB型肝炎ウイルスに感染する原因となりました。将来発症する可能性、慢性肝炎や肝硬変といった病気に苦しんでいる方が、法的責任に基づき国へ損害賠償を求めた裁判は、B型肝炎訴訟と呼びます。

現在では、B型肝炎給付金が受け取れる仕組みが整えられており、国と原告団、弁護団の間でも基本合意が成立しています。B型肝炎ウィルスに持続的に感染しており、感染原因が他に見当たらないといった条件を満たすことで裁判提訴も実現できます。問題を抱えている場合は、弁護団への相談が解決策になります。

B型肝炎訴訟にて給付金を支払われる対象者

B型肝炎ウィルスが広がった原因には、不衛生な器具による医療行為と出産時の母子からの感染となる持続感染があります。この持続感染は、B型肝炎訴訟において給付金を支給される条件に認定され、因果関係を証明することにより救済対象となります。

医療機関より必要な証拠を収集し、国を被告として裁判を起こします。感染者給付金の金額は、病態に合わせて決まり、重度の肝硬変や肝臓がんと亡くなっている方に関しては最高で3,600万円が支給されます。その他、訴訟を起こすために雇った弁護士の費用、検査費用も手当金として国から支払われます。

B型肝炎の訴訟に関する記事

ページトップへ戻る