B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

過払いにも必要な費用

実は無料で過払いの手続きができる分けではありません。過払いの手続きを行うには費用がかかる事が予想されます。支払う費用を大きく上回る金額を回収する事ができれば過払いで大きなメリットがあるという事が考えられます。

しかし、過払いに必要な費用を支払ったにもかかわらず、あまりたくさんの金額が戻ってこなかった場合には、それほどメリットは大きくないかもしれませんね。過払いにも費用が必要であるという事を頭に入れつつ、自分がどうしたいか考えたいですね。

費用についてはいくらかかるのか具体的に出すと判断しやすいと思います。この手続きは必ず必要なものではありませんので、自分の意志で決める事ができます。

グレーゾーン金利による貸付と過払い

グレーゾーン金利での貸付は、かつて一般的に消費者金融で行われていました。しかし、これは判例で否定されましたので、それまでその金利で借りていた人は、業者に対して過払いを請求することができます。

過払い請求をする時には弁護士に依頼することで確実に対処してもらえます。それに加えて、過払い金がある場合はたとえ裁判になっても確実に勝訴することができるため、弁護士の中には成功報酬のみで請け負っている方もいます。そのため、資金がなくても何とか対処してもらえます。大阪でも、成功報酬のみで請け負っている方はいます。

過払い金と債務整理の免責期間について

過払い金の返還請求をすることによって、借金の総額を減らすことができるケースがあるため、短期間のうちに弁護士や司法書士に相談を持ち掛けることが良いでしょう。

債務整理の免責期間の長さについては、人それぞれの借金の金額によって、大きなバラつきが出ることがありますが、いざという時に備えて、実績のある法律事務所の弁護士や司法書士と打ち合わせをすることが望ましいといえます。

もし過払い金のリスクに関して迷っていることがある場合には、同様のリスクを抱えている人からのアドバイスや、弁護士や司法書士が行う無料相談を受けることが成功のポイントとなります。

過払い請求についての書類は全て弁護士事務所に直接届くように出来る?

過払い請求は、債務整理の中の任意整理となりますが、貸金業者などと交渉することになり、様々な書類等が郵送で送られてくることになります。一人暮らしなら問題ないでしょうが、家族がいる場合には、消費者金融などから、度々、郵送物が届くことになるとあらず疑いをもたれることもあります。このようなことから、なるべくなら郵送物はないようにしたいと考える人も多いのが実情です。

このようなケースでは、弁護士事務所などに依頼する場合には、弁護士さんが代理人となって過払い請求を行いますので、連絡も郵送物もすべて弁護士事務所に行くことになります。例えば、大阪に住んでいても千葉に住んでいても、連絡先は弁護士事務所となるわけです。

過払い請求が出来る人はどんな人か

過払い請求が出来る対象者は、数十万人ともいわれています。2010年までに借り入れ経験がある方は、ほとんどの方が対象です。

そして過払い金が発生している、貸金業者やカード会社は、数十社と言われテレビやCMをしていた企業も、対象となっています。

借り入れ経験がある方は、過払い金がある可能性がありますので、弁護士などに相談をすると過払い金があるかどうかを、調べてもらうことが出来ます。無料で調べてもらうことが出来ますし、着手金も無料で成果報酬制を採用している、弁護士事務所がほとんどなので、安心して依頼することが出来ます。

過払い請求は借金を完済した後の方がいい

借金が残っている状態だと、返済する金額を減らせるメリットはありますが、お金の面で結構問題が出ます。着手金が多くなってしまい、支払う金額が増えてしまうのです。完済しているなら、そもそも着手金は無料になっていて、本当に借金を返してもらえない限りは支払う必要がありません。負担は小さくなり、仮に返してもらえなかったとしても問題が起こりません。

現時点で返済できる状況になっているかが大事で、過払い請求前には返済できるかを考えます。もし返済できない場合は、着手金が発生していたとしても、先に過払い金を返してもらうことになります。

司法書士で借金相談・過払いに関する記事

ページトップへ戻る