B型肝炎の訴訟と給付金

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取るなら弁護士相談

B型肝炎の原因の一つである出産

以前は母親が子供を出産する際に、母親の血液が子供の体内に入ってしまう事によってB型肝炎に感染してしまうという事もあったそうです。

出産が原因でB型肝炎に感染すると親にとっても子供にとっても大きな問題と言えるでしょう。しかし、近年では出産がB型肝炎の感染の原因とならない様にするための対策が行われています。

たとえ、母親が感染している場合でも、これから生まれてくる子供に感染しないで無事に出産できるケースがほとんどの様です。これが原因で出産まで諦めるという必要もないとなれば、これは嬉しい事ですね。

すべてのケースにおいて必ず安全に出産できるとは言い切れない事もある様ですが、成功する可能性も高いそうです。

B型肝炎給付金に関する法律の内容

B型肝炎給付金の内容に関しては、多くの患者にとって、欠かせないテーマの一つとしてみなされることがあります。特に、書類の提出方法については、すぐに理解をすることが難しいケースがあり、法律の内容を理解しながら、各方面の専門家にアドバイスを求めることが良いでしょう。

また、B型肝炎給付金の需給をするためには、ある程度のテクニックが必要となりますが、同じような立場の人々と積極的に意見交換をすることがコツとして挙げられます。その他、各地の医療機関の医師や看護師などに相談を持ち掛けることが望ましいといえます。

厚生労働省発表のB型肝炎給付金概要

昭和23年から昭和63年の間、幼少期の集団予防摂取において、注射器が連続しようされることで、その後B型肝炎に感染する人が出てきました。その数はおよそ40万人以上と言われています。

そのような事態に厚生労働省は予防接種の方法を見直し、予防接種が原因でB型肝炎ウィルスに感染した人に対し、B型肝炎給付金を支払うという対応を決定しました。

B型肝炎給付金を受け取るためには、国に対して訴訟を提起し、裁判所を通して和解協議を行い、和解が成立することで支払われることになります。支給金額は病態に応じて金額が異なります。

B型肝炎給付金の詳細とは

B型肝炎給付金を受けられる人は、それぞれ定められている範囲でなければ受け取ることができません。集団感染で感染してしまった人に関しては、生まれ年が1941年の7月から1988年の1月の間で、満7歳までに予防接種やツベルクリンの反応検査を受けている人に限られ、そのなかでもB型肝炎のウィルスに感染している人が条件として挙げられます。

また、予防接種等以外の感染原因がない人に限られます。このように範囲が狭まれますが、逆に言えば当てはまる人は、B型肝炎給付金を受け取る可能性が高いと言えます。心当たりがある場合は、弁護士に相談しに行くことをおすすめします。

B型肝炎給付金を受け取る奈良弁護士に相談しよう

B型肝炎給付金を受け取る為には、クリアしておかないといけない要件がいくつかあります。この要件を全てクリアして、証明することが出来る人は、給付金を受け取ることが出来ますので、裁判所で認定しもらう必要があります。

認定の手続きは、自分でしようと思えば出来ますが、弁護士に依頼をすることでとても簡単にB型肝炎給付金の手続きをすることが出来ます。報酬にかんしては成果報酬となっている弁護士事務所が多いので、まずは気軽に依頼をしてください。

B型肝炎給付金申請には、期限が設定されているので対象者は遅れないように弁護士に依頼をしてください。対象者かどうかも弁護士に依頼をすれば、調べてもらうことが出来ます。

損しないためのB型肝炎給付金とは

過去に実施された集団予防接種での注射器の使い回しによって、数多くの方がB型肝炎ウィルスに感染させられてきました。被害者の方や、その家族に対して支払われる国からの損害賠償金は、B型肝炎給付金と呼ばれています。

B型肝炎ウィルスに感染していること、予防接種等以外の感染原因がないことなどの条件を満たせば、病状ごとに定められたB型肝炎給付金の金額を受け取ることができます。

条件を満たしていることを証明するためのB型肝炎給付金手続きをおおなわなければならず、正しい手順で進められることが重要となります。将来における発症の不安に悩まされる方などへの救済処置でもあります。

感染原因と給付金請求手続きに関する記事

ページトップへ戻る